新・サンデーKUぼちぼち絵日記

季節を水彩スケッチ、お出かけデジカメ報告、 畑仕事と映画も。

武士の一分







「映画 『武士の一分』日記」







8d66d576.jpg






ささやかな夢を語る平和な日々の下級武士と最愛の妻

藩主の毒見役の勤めで失明した日から

失意と絶望 

妻への疑惑

上士への激しい怒りと復讐

自ら仕掛ける 無謀な果し合い



「何故に そこまで」


「武士の一分にごいます」




凄まじい殺陣に身を堅くし 愛と情に瞼を熱くする

観終わって明るくなる場内が恨めしく

しばらく席に身を委ねたまま感動を心の奥にしまい込んだ





すばらしい木村拓哉拍手拍手

キムタク侍から木村拓哉武士

山田洋次監督ありがとうございました拍手拍手

下男役の笹野高史 絶妙拍手拍手 

初々しい妻役 壇れい 拍手拍手





お勧めします 映画「武士の一分」の感動を 













映画 「駅馬車」






「西部劇 『駅馬車』日記」






久しぶりに「映画」にお付き合いください

1956c7c0.jpg





今日は12月10日

このブログを始めたのが5月11日

丁度7ヶ月が過ぎました

お陰さまでアクセスも7000を超えています




開設する時に ブログアドレスをどうしようかと思いを巡らせ

「ン~ どうしょうかな~」

「何でもいいようなものだけど なんか拠り所がほしいな」

結局 好きな映画 それも大好きな西部劇「駅馬車」 にしました




http://blog.drecom.jp/stagecoach1939/

「stagecoach」は映画「駅馬車」の原題です

1939は制作年です(日本公開--40年)

「駅馬車」といってもご存じない方もいらっしゃるかと思いますが
 
戦前の名作西部劇です

同じ1939年の制作に(米)「風と共に去りぬ」 があります





1d2359a4.jpg


944d1290.jpg





西部劇の古典であり最高傑作c65c6b82.jpg
 

ジョン・フォード監督 
若きジョン・ウェインが颯爽

登場する人物設定の確かさ
モニュメントバレーを疾走する駅馬車 
凄まじいインデアンの襲撃 スピード感
脱獄犯リンゴーと商売女ダラスの恋
最後の1対3の決闘
テンポのいい主題曲

0089d394.jpg





極々マニアックなことですが恐縮ですが

全力疾走する馬上で銃の弾詰めをするインデアンの乗りこなしには

力強いピード感に”美しさ”を感じるほど

数ある映画の乗馬シーンの中で№1です



(ちなみに№2は邦画「隠し砦の三悪人」(黒澤明監督)の
 
馬上の三船敏郎が両手で刀を振りかざしながら疾走する場面)

(ポスター右下をよーく見ると疾走の場面があります)

e3542a7b.jpg

二作品の乗馬疾走シーンは

どこまでが実写でどこがCGか判らない昨今の映画と違って

役者やスタントマンの生身の人間の演技・・・・敬服






アレもコレもと切りがありません

長ったらしく書き連ねましたが

要は大好きな映画の

「駅馬車」よりブログアドレスを設定
 したということです





古い映画と ”ミスター長嶋”の話になったら

後先の分別がなくなってしまいます スミマセン


お付き合いありがとうございました






朝のコーヒーカップ






「いただきましたぁー コーヒーカップ日記」







携帯譜面 「いらっしゃいますかぁ 」

「久しぶり 笑い

「これから コーヒーカップ持って行きます」

「だんだん 家におーけん」



で いただきましたぁー コーヒーカップ





cd246089.jpg







来訪者は junさん

junさんは 趣味で陶芸の世界に泳いでいる人です

ただの趣味なんていったら失礼なぐらい

陶芸についてのウン蓄も深く挑戦的に作陶に励んでらっしゃいます


もう6~7年になるでしょうか 土いじりをされだしてから

初めの頃は私も批評めいたことを言ったりしましたが

メキメキ腕を上げられて この頃は口も手も出せません

ひたすら 「いいなぁ いいなぁ」といって

頂けるのを待つ日々でゴザイマス





今度のカップは 

突然 ポロッと取っ手がとれたりするようなことはないようです




明日から 朝のコーヒーはこれでいただきます



時間がないのでとりあえずご披露して 

 出かけます






とんどさん打ち合わせ会





「とんどさん打ち合わせ会日記」







師走 走る

今夜は 「とんどさん」の打ち合わせ会



01bc291c.jpg







何でクリスマスツリーが「とんどさん」と関係が はてな困った




打ち合わせ会場の ”ふれあいの家”の広場そびえ立っている

色とりどりの電飾ツリーがリツパなもので

今日の日記は これびっくり電球 と 

時たま ウインク 持っていたデジカメで 「はい ポーズ」







「とんどさん」は 毎年のことでそう難しい話はありませんが

話が終りそうになった頃に


「来年は ”おしるこ”をしようや」と言う意見が出て

「急にそんなこと言っても・・・再来年にしたら・・・」

「やるんら早いがいい」

「飲酒運転のこともあってお神酒もそう勧められないし」

「あったかい”おしるこ”は喜ばれるけん」

「そんな難しいことでもないし」



大勢は「やらい やらい」で決まり




ちなみに今夜集まった世話役は 私が最年少の9人のオジーさん

年齢の割には結構前向きでゴザイマス 





49fbc761.jpg
1b867962.jpg














昨年のとんどさん風景





朝の港








「朝の港絵日記」









9389a364.jpg







晴れた日が少ないこの頃


11月末 朝の陽射しに港へ出ました






「年賀状」用にと 頼まれスケッチです


いつものはがき大の画用紙でなく


4号スケッチブックにサインペンで勢い描き


着色は雰囲気程度にしました






えのは






美味しくいただきました~ えのは日記」 





昨日のこと 一日遅れの記事です



 
携帯譜面 「Sでーす KUさん いる?」

「はぁーい 家にいますよ~ 電球 笑顔

「じゃあこれから持って行きます」



熱帯魚 クジラ 魚


「こんなにたくさん びっくり  だんだ~ん





ということで いただきましたぁ 久しぶりの”えのは”



夕食は ”えのは”の煮付け

(写真用に3枚しか盛りつけてありませんが・・・)

19d5b512.jpg



「今年 えのは初めてだが オトーサン 脂がのって美味しい」

なめた後の頭と骨は やっぱり湯かけ汁にせんと」


82c4628a.jpg



「煮汁をちょっと入れて・・・ウン いい いい」


「美味ァ やっぱり ”えのは” だぁ にっこり 」




一皿で幸せな夕食でした








「えのは」   ご存知のように「ヒイラギ」

        見向きもしない地方もあるようですが
 
        我らにとってはなんともいえず美味の魚です

        「えのは」って呼び名は山陰だけでなく

        熱海方面でも言うらしいですョ

        「”えのは”の干物」がネットに載ってます

        いろんな呼び名が各地にありますが

        九州の一部ではヤマメとかアマゴのことを
 
        「えのは」と言うそうです



 
以上 ネットで調べた「KU知ったかぶり講座」でした  





        

映画 「ALWEYS 三丁目の夕日」






「ALWEYS 三丁目の夕日 日記」







観た







映画館の感動再び











夕日を仰ぐ人々の顔が輝いていた





「夕日がきれいだ」


「ほんとうにきれいね」


「あたりまえだよ 明日もあさっても 50年先もきれいだよ」







50年後の現実を見据えて


あえて子どもの台詞とした監督のメッセージ


私たちはどう受け止めたらいいのか





ほんとうに今の夕日は美しいだろうか


夕日を仰ぐ人の 顔は 心は


 









安来節演芸館




サービス大判ふるまい安来節演芸館日記






今日は「安来節演芸館」へ20名ご一行様



09d52226.jpg










f53b80fb.jpg





よかったですよ 「安来節」と「芝居」

bcf13ac5.jpg

be8efc18.jpg

e560ce58.jpg




年齢還暦+アルファーの我ら観客の好みに合う舞台はもちろん

私が一番気に入ったのは「お客様あっての演芸館」の

気持ちよく伝わってくるサービス精神



バスを降りると傘を持った《どじょすくいおじさん》のお出迎え

例の豆絞り頬かむり絣着物の定番スタイルで



芝居の幕が閉まった後は 役者さんと記念写真

acdc7625.jpg
5ed93f63.jpg
  舞台中もフラッシュ撮影どうぞどうど  

  食堂へも役者さんが出てきて 

 「ありがとうございましたぁ ごゆっくり・・・」  
  


  どじょすくいおじさんと記念撮影「はい アラエッサッサ~」






「皆さんの笑顔のサービス精神 いいですねぇ」

「喜んでもらってありがとうございます
 私たち好きでやってますから」




観光はサービスは やっぱり島根県のもんだわね







記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

sundayku

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ