新・サンデーKUぼちぼち絵日記

季節を水彩スケッチ、お出かけデジカメ報告、 畑仕事と映画も。

初採れ茄子




「初採れ なすび絵日記」





毎朝畑に出てみるのが一日の始まり
狭いところで どう変わった事はないんだけど
とりあえず野菜の顔を見に行くんです


今年初めてのなすび 三本持ち帰りました



657c3985.jpg


昼ごはんに"もんで"食べようっと ごはん




なすびと一緒をに採ってきたのがサラダ菜 ( レタスはてな)
袋半分ほどの種を蒔いたんだけど
できるときは一時でなかなかさばききれません

柔らかくて評判がいいですよ あかんべー



0b270ba7.jpg





額紫陽花





「額陽花 くあじさ絵日記」 





梅雨の花はやっぱり紫陽花
雨が少なく花が少し小さいようですが
水彩で向ってみました



cd998cf4.jpg



紫陽花を描くのは久しぶりです それも 描きにくい額紫陽花を
外側の花はいいとしても 中の小さな粒々の花の始末をどうつけるか・・・・
躊躇しながら 「まッ やってみるか ブタ
・・・・でも結構やる気デシタ 力こぶ
紙のにじみをうまく使えたかな チュー って感じです






【サンデーKUの知ったかぶり日記】

万葉集より

 紫陽花の八重咲く如く弥つ代にを いませわが背子 見つつ思はぬ 

  (あじさいの花が八重に咲くように いつまでも栄えてください。
                    
                 あなたを見仰ぎつつ お慕いいたします。)
 




  

親父は建具職人






「建具職人だった親父の道具日記」




昨日 月照寺ネタで親父の障子欄間を出したので

「 ン 電球 "あれ"を使おう 鐘 」とひらめいて

旧作ですが お付き合いください




親父が二女の嫁ぎ先の床の間用として作ったものが
新築のため不要になったのでしまってあった障子欄間と
生前使っていた道具類を組み合わせて 額縁風に仕立てました



cc9c81b7.jpg




「親父が大事に大事に使いこなした突きのみ
ほったらかしにして朽ち果てさせるには余りにももったいない」
なんて高尚な思いは作った後からの理屈で
ちょうどいい大きさの障子欄間と珍しい形の道具があったので
記念になる形で残しておくのもイイコトだろうと思いついたんです

とは言っても根っこは私の大工ものづくり趣味です



74b35a94.jpg
56eec5d0.jpg



左側の胴つき鋸は目立てで磨り減って 柄と同じ幅になるまで使っています 
右の鋸と比べてみるとよく分かります
上の突きノミは砥いで磨り減って刃の部分はほんの僅かです
道具に対する考え方 扱いが今とは大きく違います

鋸の目立ては裸電球の下で夜鍋仕事でした
職場で鉋砥ぎしている親父の手許をじっと見ていました
障子の模様は「桐」を図案化したものです



2ff21324.jpg


道具は板をくり抜いてはめ込みにしています
家の道具箱に残っていたものの他に
仕事先に残してあった珍しい道具類をいただきました

額縁仕立てにして 前面はガラスをはめ込んで仕上げとしました

出来栄えはどうであれ 
いいものを作ったと 自分自身で喜んでいます





出雲國神仏霊場五番 月照寺




「出雲國神仏霊場五番 月照寺日記」





梅雨入りを待って 松江「月照寺」へ行きました
深い木々に包まれた静かなたたずまいの中 
が見ごろでした


8a936630.jpg
951e7db4.jpg



興味と関心によっていろんな見方があります


「オトーさん これが松平不昧公のお墓 七代だって」
「初代は直政公って言うのよ」

7951e50f.jpg


「この葡萄の透かし彫り 珍しいけん撮っとこう」

66a51158.jpg

  
「親父が作った家の欄間障子の組子と同じような模様が彫ってある」

636b8eff.jpg
b11749a4.jpg


















「今度は鳥取の殿様の墓所に行きましょうヨ」

「ウン 一度行ったことがあるけどいいところだよ」


心静かな いいひと時を過ごしました




あんず・杏



「杏 あんず絵日記」





庭のあんずが熟れてきました
今年は数えるほどしか生っていません
完熟するとすぐに落ちてしまうので
納屋の屋根に乗って採ったものです


4bc76f98.jpg



いつもの画用紙でなく 
小さい色紙があったのでそれを使ってみました
鉛筆デッサンはは最小限にして
水絵の塗り重ねに注意して仕上げています






47b715f6.jpg
82efa471.jpg













子供のころ背戸にあんずの大木があって大きな実をたくさんつけていました
朝起きてすぐに背戸に出て 
落ちたばかりのあんずを拾ってくるのが楽しみでした


そう美味しいという果物でもありませんが
子供のころの懐かしさにひかれ
わが家にも苗を植えてからもう30年は経つでしょうか

ガサッドンッと落ちる音がするので すぐに外に出て探し
まだ蟻ゴがつけないうちに早く見つけて食べるんです
よく熟れてくると指で半分に割ることができ 種もきれいにとれます



63歳・・・・梅雨時分の楽しみの一つです チュー

 


ざくろの花





「ざくろの花絵日記」





今日ようやく梅雨入り
朝から降り続いているしとしとしと雨に気持ちも穏やかです
畑の野菜もみんな活き活きとした姿を見せていました

雨の中 ざくろの木の朱色の花がきれいです

 


34cc30e3.jpg



混ざりっけのない朱色にひかれ今年も描いてみましたが
つい描き過ぎてしまい
花が重たくなってしまいました




紫陽花の花色が雨を待っていました
梅雨を楽しみたいものです







けもの道





「庭の "けもの道"日記」





「オトーさん けもの道が出来てるワ」

「ビビ子の抜け毛で白くなって」




c896eaa4.jpg



うちの犬 ビビ子は 日中は庭で離し飼いです
隅っこにある葉蘭の茂みの中をハウスにしていて
少々の雨は大丈夫なようです
姿が見えないときは
「ビビ !」って呼ぶと ガサガサとハランの中から出てきます



644c7d58.jpg
 


狭い庭だけどウロウロすると少しは運動になるし・・・
と思うのは人間の勝手な考え
ビビ子としては 二食昼寝つきの満ち足りた環境
食事の時と散歩に出る以外は
ただタダ ぽて~ポテぽてしているだけ



・・・・走る もう少し自分自身で健康管理して欲しいなぁ ウインク   



写真にして改めて・・・・ ショック 
ほったらかしの庭がそのまま映ってしまって・・・・ 汗
 


                 

 

きゅうり初採り






「初採れの きゅうり 絵日記」




今日も畑ネタ

5月の連休に植えたきゅうり苗が順調に育っています 

別に珍しい野菜でもなく年がら年中店頭に並んでますが

今日初採りをしたので水彩で向ってみました





bbdd9639.jpg




きゅうりと向かい合って・・・・どうしよう 困った

変化のある形ではないし 色も緑だけ・・・・

どう考えたって結局は二本並べるだけ

白い皿とピンクの花模様のテーブルクロスを組み合わせ

じっくりと描き込んでみました



小学生のころに 夏休みの図画の宿題に
トマトやなすびやきゅうりなどを
一度や二度描いたのを思い出しています





夕食にさっそく塩揉みきゅうりでいただき~ ごはん

「オトーさん 美味しいわよ」 

「ウン ・・・ にっこり 」





記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

sundayku

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ