新・サンデーKUぼちぼち絵日記

季節を水彩スケッチ、お出かけデジカメ報告、 畑仕事と映画も。

ひまわり祭





斐川平野ひまわり祭日記





朝のローカルニュースかお知らせ番組で
「・・・ひまわりひまわり ひまわり祭は今日が最終日です」




「オカーさん 斐川町のひまわり祭 今日までだって」
「去年は大雨の被害で中止になって見れんかったが」

「行こぉ 行こぉ 涼しいうちに」
「あんたは一人で 食パン 食べて 私はコーヒー作るけん」


と言う具合で バタバタと出発し 車 ダッシュ 大根島経由で斐川町へ

朝の空気は明るく澄みわたり
遠くの家並みや山々がいつもより新鮮です



「ひまわり祭」の会場は一面の ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり 太陽



db8648af.jpg
 


一人100円で昇降展望台に(昇降機は ◇□建築 ○△建設提供)



6bd8ca9f.jpg



「おォ 電柱より高く上がる~」

「上から見ると案外緑が多いわねェ」
「動くのイヤ 怖 ショック~ い」

ec65433c.jpg



真夏の太陽 
「祭」は今日までですが ひまわりの花はこれからもまだまだ ひまわりひまわりひまわり


f5df6f5b.jpg





帰路 斐川平野から 大山 を見ることが出来ました 拍手

昼前には帰宅 ラッキーな半日でした




鹿の子百合






「鹿の子ゆり 絵日記」




今日は 今夏一番の青空 雲ひとつない山陰です


オカーさんの里の庭に咲いていた 鹿の子百合

 「KUさん 百合を描かんかや」

の声に誘われて向ってみました





9de4e456.jpg




花びらの紅色のぼかし
強く反り返った形
深紅の斑点模様など
じっくり時間をかけて描き込んでみました

背景の青色を入れて仕上がり

出来上がったのを眺めてみると
・・・・葉っぱが些かしつこかったな
という感じ






鹿の子模様 京鹿の子 京鹿子娘道成寺 鹿の子百合  

日本語っていいなぁ 
笑い




甲子園 境高健闘及ばず






「甲子園 境高健闘及ばず テレビ日記」



f55aacd7.jpg



境高校の甲子園
対甲府商高戦は 1 : 14で敗れました
チームの力以上の大差でしたが
甲子園という大舞台での試合の流れ
大きな波に呑まれてしまった結果でしょう



746c022f.jpg



テレビ応援で球場と一緒に校歌を歌いました



ac3f3fc1.jpg



境高の熱闘とスタンドの応援団に心から拍手を送ります

ありがとう 境高野球健児






49560937.jpg

”オマケ”です



 

夏空の下 大山より






「大山 ミルクの里で 日記」




最高温度36度はいってるでしょう 猛暑の一日でした

所用で米子へ出たついでに

「オトーさん 大山に行ってみようか」
「ウン 昼はミルクの里でなんか食べよう」


青い空に夏の雲 
強い陽射しながら山の風はさわやかでした




6b680588.jpg



駐車場の大部分の車が県外ナンバー
夏休みの家族連れがいっぱい
昼時のレストランも次々とお客さんが入ってきます


写真では良く見えませんが
遠くに美保湾と島根半島を望む景色は雄大で
乳牛ものんびり夏草を食んでいます



058e3926.jpg




「しまったぁ デジカメ持ってこんかった 困った
「だから いつも言ってるでしょ」
「私の 携帯 で撮ってあげる 笑顔



木漏れ日の中を 香取の方へ回って帰路につきました



早朝の畑仕事





「立秋 早朝の畑草取り日記」





今日は立秋 
暦の上では秋ということですが まだまだ夏の最中


早朝涼しいうちにと畑に出ました
運動場にはラジオ体操の子どもたちが二人三人と集ってくるところです


明るい朝日が 長ーーい影を作っていました
「ン! これはいい 使える」

デジカメを取りに引き返し 自演自作



畑にデジカメまで持って出て・・・ようやるわ 困った


625e3b5a.jpg


左に鍬を持って 右手カメラでシャッター

「これぐらい影が伸びると 足の長さは関係ないなぁ あかんべー



使ってない畑の境界の草取りをして 
そこに不要のビニールシートを敷いて 「よし! これでスッキリ 笑顔 」 
 


4297b7af.jpg
69d04e77.jpg



影の写真右側のワラで覆ってある畝は 7/30に蒔いた人参
芽が出てきてます
夕刻には 影の左側に2回目の人参を蒔きます



「さあ 行くとするか」




西灘舟だまりから







「西灘船だまりから 絵日記」





南の空のドデカイ入道雲に絵心を誘われて
西灘の船だまりに行ったのが4時過ぎ


大きな雲に覆われた山際の空は 
訪れる黄昏を前にまだ明るく輝いていました


猛暑の中 釣りに出る人もほとんどなく
白い釣り船が繋留してある堤防の内側の水面は
空や山や白い船を静かに映し出していました




空を多く取った構図で向ってみました


8caab2ec.jpg




遠くに青く横たわるキューピ山と手前のハゲコ山は
子どもの時からの変わらぬ輪郭


この景色には人一倍の愛着を持っているんじゃないかと
勝手に自負してますが

小学校の頃 ハゲコ山を写生したことがあるのも理由の一つですが
いろんなものを絵心として眺める習性から
他の人が気にもとめない景色に気持ちが移っていくからでしょうか



刻々と空模様が暗くなり
遠雷がだんだん近づいてきて
ちょうど描き終わったときに大粒の雨と雷




ピカピカ ゴロドン ザーザァ ゴロゴロ 
1時間程の夕立に 畑の野菜も大喜び 




ピチピチ鯵








「ピチピチ生きのいい 頂き絵日記」




日曜日お昼前   携帯音符音符 「 はてな 誰 落ち込み 」
携帯 「もしもーし KUさん今どこですかぁ」
携帯 「あぁ JKさん 笑顔  家に居るよ」
携帯 「junさんと鯵を釣りに行ったけん これから持って・・・」
携帯 「もらう もらう 持ってきて」


車 「こんにちはぁ」 「ごぶさたしてま~す」

大きなクーラーを開けて
   「好きなだけ取ってください」
   「よぉけ釣ってぇ  まだ生きてピンピンしてる」   
   「もっと取ってもっと 入れもんが小さいが」   
   「オットト ボールから跳ねて出てしまう」
   「これぐあいで・・・たくさんもらったけん」   
   「いいですか なんぼでも取ってください」

   「だんだん だんだん にっこり またゆっくりと・・・」

   「ハーイ 失礼しまーす」 
   「また来ます/」   車




という具合で 今獲れの鯵に向いました



db01a35e.jpg





実は以前からスーパーの魚売り場で迷っていたんです
魚の種類が少ない時でも鯵だけはいつも置いてある
やはり描かない手はないなぁ
でも・・・そう特徴がないし 今ひとつピンと来んなぁ・・・と


ピチピチの生きた鯵の色は鮮やかです
いろんな色がキラキラしてる くすんだ魚色とは違う
「よし 電球  描いてみよう」
「・・・ 色が定まっていないから・・・ ブタ 難しそう」





微妙な色の変化に惑わされながらも
生きのよさに気をつけて仕上げました 




刺身のうまかったこと  にっこり 笑い 




白イカ





「 白 イ カ 絵 日 記」





思い出したようにコメントをいただく《雪花の郷》の店長さん
kawasaki jirouさんからリクエストがあった”白イカ”を描きました


「KUさん 白イカを描いてよ シマメはいけんぜ」 だって

よりによって白イカだなんて 描きにくいものを 困った
まだシマメイカやコウイカなら絵の素材になりそうだし
スーパーに行っても白イカの適当なのがなかなかなくて
ダイイチ値段が高い


清水の舞台から飛び降りたつもりで あかんべー 一ぱい買って 水彩日記 



d0dc6fe8.jpg




色がつかみどころがなく
あまりごちゃごちゃ着色すると新鮮さがなくなるし
多々戸惑いながらも
出来上がりをオカーさんに見せたら


「ウン 白イカね いいワ」だって チュー


描き終わったら 即お刺身
ヤッパ イカ刺しは白イカのもんだわ まる


・・・ いきが良かったので一晩冷蔵庫に寝かしとけば 
   もっと甘味がでて美味かったけど ・・・




記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

sundayku

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ